幸せ基準はそれぞれ。自分の正しいを選んでいく人生

 

霧島市アイシングクッキー教室Ricohanaの岩本です。

ちょっと経ちますが、南海キャンディーズと蒼井優ちゃんご結婚しましたね。

わたし、結構山ちゃんが好きで(なんか好感度上がってから実はとカミングアウトする人みたいになっているけど(笑))
二人の記者会見もリアルタイムで見てました。

今回は、余ったアイシングで二人を作ったので、ただそれを載せたいだけで書いたブログです。
よかったらお付き合いください。(笑)

 

やまちゃんがイケメンに見える会見でのやりとり

最初はどっきりかな?と思うぐらい違和感があった会見が、記者の人たちとのやり取りやしずちゃんの喜ぶ姿を見ていると
不思議なものでお似合いに見えてくるという。

何より緊張している女性をフォローしながら、きちんと受け答えをしていく山ちゃんがすごくかっこよかったです。
意外と質問に応じつつ相手が受ける印象も考えながら言葉を瞬時に選べる人って多くない。

芸能界でお仕事をされていて慣れてはいるだろうけど、特別な緊張感の中で伝えるって状況はまた違う。

心無い言葉を言われても、激情せず、そうでないという思いはきちんと伝える姿勢、かっこいいなと本当に感動しました。

(ってここまで、ただの山里ファンブログ(笑))

優ちゃんの山ちゃんを選んだ理由

優ちゃんは比較的ずっとおとなしくて、ドラマや映画を見ているだけなので今までの彼女の印象と違っていましたが、
とても可愛らしかったですね。

会見の中で、とても印象的だったのが優ちゃんが最後に言っていた言葉。

『私は山里さんの仕事に対する姿勢を尊敬しています。私も基本的に怠け者ですが、仕事になると、とことんやってしまう。山里さんをみていると、それが間違っていないんだなって思わせてくれる。とはいえ、私より山里さんの方が仕事がないと生きていけない人だと思う。自分が与えられた仕事は精一杯やっていき、できる限り山里さんを支えたいです。』

私は優ちゃんを知りませんが、この言葉はとても蒼井優を表している言葉な気がしました。

心が躍るような好きという気持ちをたくさん抱いて、最後まで添い遂げるのも素敵ですが、それは意外とまれな感じがしています。
(いや、きっとたくさんいるのだろうけど)

この言葉から憶測ですが、彼女は普通ではないお仕事をしている中で『普通』と『普通とはちょっと違う自分』をよく比べてきたのではないかと感じました。

学校を卒業して、〇〇会社に入って、〇才までに結婚そして、子供をというような今まで普通といわれてきた生き方をしていない
彼女が、山ちゃんがいることで、『これでいいんだ!』と自分の生き方に〇ができた。

それって、生きていく中でとても大きな財産です。

人は往々にして、あいまいな普通というものと比べて勝手に落ちたりしてしまうもの。
きっと彼女もそんな葛藤と戦ってきたように思います。

子育てでも、やってみたいことでも普通と違うかもしれないということで二の足を踏んだり、
苦しくなったりするものです。

自分が自分を認めて、一番近くにいる人も認めてくれる生き方を得た彼女。
これからお二人の活躍が楽しみだなと感じです。

きっとこれからぶつかることもあるだろうけど、尊敬できる部分をお互いが知っていることはきちんと折り合いを
つけられるものだろうな。

最後は何目線かわからないですが、。。。(笑)

私自身も自分や身近な人に対して、今までの当たり前基準ではなく、その人の正しさ、楽しさに〇ができる人でありたいなと感じた会見でした。

Follow me!

当教室で一番人気のレッスン

アイシングクッキ―を楽しみたいママたちがご家庭でも作れるようになる当教室で人気の基礎レッスンコースです。
子供の誕生日やお友達の結婚、出産、その他さまざまなイベントにおいて喜んで頂けるギフトであり、日常の『ハレの日』に彩りを添えます。
お子様とのご家庭でクッキーを作れるようになるため、行事に興味がでたり、色の使い方、手の使い方、発想力楽しみながらを育むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です