Three Good Things(3つのよいこと)

寒い時と暖かい時が交互にやってくる時期に入ってきました。
コロナも全国的にはやっていますが、皆様体調崩していませんか?

良くお会いした人から聞くのが、

「元の生活に戻りかけていたらまた気持ちを張らないといけない。」
「制限がある生活ってやっぱりきつい。」
「子供が感染しやすくなっていて心配が絶えない。」などなど。

 

慣れてきたとはいえ、気持ちがなかなか晴れない人も多いよねと思います。

 

まん延防止措置が鹿児島にもでて、また籠る日が増えそうだなと外に出るのが
好きな私も少し気持ちがへこみそうですが、ここ数年の経験から地味だけど、
ちょっと前向きになる習慣を少しずつ増やして気持ちを整えています。

 

 

今回、その中の一つでご紹介したいのが、最近始めた『 Three Good things』です。

これはそのまま『3つの良い(でき)事』という意味で、その日の終わりにノートに
その日楽しかった(嬉しかった)出来事を3つ書き出して良い気持ちで寝ると
良質な就寝ができるというもの。

難しくないし、ちょっとやってみようと始めていたら、
やり始めた早々嬉しい誤算が起こりました。

それはこれに子供たちも興味を持ったということ。

「何してるの?」とのぞき込んできた子供たちに説明すると会話の流れから
彼女たちの嬉しいことも聞くことに。

そうすると、話せていなかったことも改めて知ることができ、
寝る前に楽しい気持ちでみんなが過ごせることが判明。

そして、さらにほかにも良い効果が見込めるのではないかなと期待している部分があります。

 

我が家の長女はちょっと心配症で、想いを言葉にするのに少し時間がかかるタイプ。
でもゆっくりでいいから、意見を言ってもらったり、私や他の人の楽しいと思う話を聞いて、
嬉しいことって何か改めて感じてもらえたらなと思っています。

 

反して、末っ子は楽しいことを見つけることがたくさん出てくる子。
3つと言わず話してる間にどんどん嬉しいことを教えてくれます。

ただし、話したいことがたくさんありすぎて、内容が大混乱(笑)

これもゆっくりでいいので会話の中から説明を順序良く話せる練習になってくれたら
嬉しいなと思っています。

 

全部、私の勝手な希望ですが、、(笑)

 

 

ちょっとやってみようかなと思った方、ぜひやってみてください。
続けていると良いことあるかもしれません。

でも、3つ書き出すこともその日を思い返す余裕もないよという方。
ぜひ、すぐ寝て体を休めてください。

焦る気持ちがあるのに思うように思考が追い付かいない時は、本当に疲れている証拠です。

体を十分に休めてからいろいろと動き出すことが一番の近道だなと過去、動けず焦りばかりの時期を過ごして
いたのでお伝えしたい。

 

次回は疲れ切っているのに焦りまくっていた私が、「あなた、全身骨折してるよ。」と言われた話を
書いてみようかなと思います。

ご興味ある方は次回をぜひご覧くださいね。

 

 

 

 

Follow me!

当教室で一番人気のレッスン

アイシングクッキ―を楽しみたいママたちがご家庭でも作れるようになる当教室で人気の基礎レッスンコースです。
子供の誕生日やお友達の結婚、出産、その他さまざまなイベントにおいて喜んで頂けるギフトであり、日常の『ハレの日』に彩りを添えます。
お子様とのご家庭でクッキーを作れるようになるため、行事に興味がでたり、色の使い方、手の使い方、発想力楽しみながらを育むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です